fbpx

エアホスト、

IT導入補助金2021 支援事業者として認定 観光需要の回復に向けて、ホテル・旅館の非接触 / 省人化を推進

 

 

ー ”旅は安心安全に” 最大2/3補助金でホスピタリティ業界のDXを加速ー

ホスピタリティ業界向けにオールインワン型宿泊管理ツール 「AirHost HMS / 旧名称 : AirHost PMS」をはじめとした、ホテルでの非対面・非接触を強化するサービス提供をする株式会社エアホスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾畠 隆志、以下 エアホスト)は、IT導入補助金2021 支援事業者に採択されました。

 

エアホスト、IT導入補助金2021 支援事業者として認定 観光需要の回復に向けて、ホテル・旅館の非接触 / 省人化を推進

 

新型コロナウイルス感染拡大以降、宿泊施設の現場では感染リスク回避のため、人と接触をしない(非対面・非接触)おもてなしが「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」にて推奨されています。
昨年度は非対面チェックインが特に注目されましたが、今年度はゲストの滞在中の感染対策にも活用できるモバイルソリューション、IoTスマートロックや自動精算機等、エアホストの対象ツールとコンソーシアム登録されたITツールと組み合わせて、申請可能となりました。

エアホストは、パートナー企業との連携強化、及び当対象のITツールの提供を通して、観光需要回復に向けたホスピタリティ業界のDXを加速させます。

 

◾️ IT導入補助金とは(https://www.it-hojo.jp
サービス等生産性向上IT導入支援事業(通称:IT導入補助金)とは、経済産業省が推進する中小企業や小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITソフトウェアやサービス等を導入するために必要な経費の一部を補助として受けられるようになる支援事業であり、業務効率化・売上アップをサポートするものです。
2021年度は、ポストコロナに向けた業務の非対面化に取り組む事業者を支援するものとして、新たに「低感染リスク型ビジネス枠(C・D類型)」が設けられ、45万円以上の最大2/3 450万円以内の助成を受けることができます。

 

◾️ ITツール対象パッケージについて

*エアホストの料金表はこちら:https://bit.ly/2LusIr9

「AirHost HMS / 旧名称 : AirHost PMS」をはじめ、ブッキングエンジン、チェックイン タブレット・モバイル [予定] 、その他のオプション含め、エアホストを初めて導入される宿泊施設様を対象に、今年度のIT導入補助金対象になっている年間経費 45万円以上〜675万円以内にて自由に組み合わせてパッケージ作成可能となります。
今年度よりサポートトレーニング(初期セットアップ・オンラインサポート パッケージ)も対象パッケージに追加いただけます。
また、IoTスマートロックや自動精算機等、コンソーシアム登録を積極的に進めており、ホテル運営のツールをトータルで導入・切り換えを幅広い組み合わせからご検討いただけます。

[ コンソーシアム登録済み ITツール ]
・IoTスマートロック:スマートロックとアクセス権管理の統合プラットフォーム「KEYVOX」
– サービス詳細:https://www.keyvox.co
– 会社概要  : https:/www.blockchainlock.com/
* 2021年5月時点。今後、随時登録ツールを拡大予定。

◾️お申込み期間・ご相談について
宿泊施設様のオペレーションに合わせたパッケージをご提案させていただきますので、下記申請期間の1週間前には必ずエアホストまでご連絡ください。担当者よりご案内させていただきます。申請については、提携先の行政書士が全面的にサポートいたします。

sales@airhost.co

【特別枠:C類型】
・第2次交付申請期間:2021年7月30日(金)17:00(予定)
交付決定日:2021年8月31日(火)(予定)
*詳細、及び今後のスケジュールについては、随時案内予定
今後のスケジュールの詳細については、IT導入補助金ページ(https://www.it-hojo.jp)よりご確認ください。

※ 補助金利用に際してのエアホストへの申し出は、交付申請締切1週間前までにはご一報ください。
※ 補助金の申請状況によっては申請に時間がかかることが予想されますので、余裕をもって早めにお申し込みください。

エアホストでは、今後も連携パートナーとのパートナーシップを強化し、ホスピタリティ業界向けに非接触・効率的な運営を支援するシステムを提供することで、ホテル・宿泊施設運営のコストカット及びゲスト様の満足度の向上に貢献してまいります。

© AirHost 2021