2020年12月1日【アップデート情報】最新機能アップデート情報 2020年12月号


(a) Stripe決済:「チェックインから1日後」での自動決済が可能に
チェックイン日過ぎてからのノーショー対応のため、「チェックインから1日後」を自動決済の実行日に新しく追加しました。

(b) サイトコントローラ:Agoda チャネルにおいてゲスト数毎の料金同期が可能に
これまで Agoda への料金同期は、1-2 名分の料金と3名以上の料金のみ同期可能でした。

「追加人数の料金ベースの同期を有効にする」スイッチを有効にすることで、ゲスト人数毎の料金が AirHost PMS から Agoda 料金カレンダーに同期できるようになりました。​

また、Agoda 側の 1 泊の最低料金設定も変更が可能になりました。

(c)メッセージボード:Airbnb対象にPC経由でアップロードした画像も受信が可能に
これまでAirbnbのメッセージ受信では、スマホ等のモバイル端末経由でアップロードし、送信された画像データしか受信ができませんでしたが、今回PC経由でアップロードした画像もメッセージ一覧ページで受信ができるようになりました。画像データは、メッセージ一覧ページでは下記のように表示されます。

(d) チャネル登録 [C-trip仕様変更]:物件追加時のホテルID登録箇所・確認箇所が変更
C-trip物件インポートをする際の、AirHostのホテルID登録画面、CtripのホテルIDの確認個所が変更になりました。手順につきましては下のマニュアルをご参照ください。
※詳しくはこちら

(e) Airbnb料金設定:Airbnb画面内でルールセットの料金設定が可能に
Airbnbの複数のリスティングを持つホストは「ルールセット」という機能が利用できます。Airbnbで設定された「ルールセット」はAirhostで同期された料金に掛かります。

*詳しくは、下記Airbnbヘルプをご参照ください。
ルールセットを作成&編集するには?
ルールセットの料金設定と料金算出方法は?

(f) Airbnbサービス料体系変更:12/7より固定型ホストサービス料が15%に引き上げ (*Airbnb内での設定要確認)
12月7日以降に入った予約に対して新しい手数料が適用となりますので、それまでに価格調整の準備などを早めに進めていただくことをお勧めしております。

*詳しくは、下記マニュアルも再度ご確認ください。
[FAQ] Airbnb サービス料体系の変更に伴う設定手順


引き続き、​AirHost ​ をどうぞよろしくお願いいたします。

AirHost