2018年11月16日【プレスリリース】楽天LIFULL STAYとエアホスト、民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」とオールインワン型クラウドサービス「AirHost PMS」のシステム連携を開始

– 民泊・宿泊施設オーナー向けに販売経路を拡大 –

楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 宗克、以下「楽天LIFULL STAY」)と合同会社エアホスト(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:尾畠 隆志、以下「エアホスト」)は、楽天LIFULL STAYが運営する民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」と、エアホストが提供するサイトコントローラーおよびPMS(注)の機能を併せ持つオールインワン型クラウドサービス「AirHost PMS」のシステム連携を、本日より開始しました。

 今回のシステム連携により、「AirHost PMS」を利用する民泊・宿泊施設オーナーは、同サービスと連携する他の民泊・宿泊予約サイトと同様に「Vacation STAY」へ施設を掲載できるようになるため、販売経路を拡大することができます。なお、施設を「Vacation STAY」に掲載するためには、同サイトへの「物件登録」が別途必要となります。施設の基本情報や決済方法、ハウスルールを所定のフォームに入力し、各公的機関からの審査結果通知、営業許可書等をサイト上でアップロードいただいた後、スタッフによる確認を行います。すでに「Vacation STAY」に施設を登録済みのオーナーは、「AirHost PMS」にアカウント登録・設定をすることで、同サービスの機能を利用できるようになります。

 「AirHost PMS」は、複数の民泊等の宿泊予約サイトの在庫や料金、予約情報等を一括して管理するサイトコントローラーの機能に加えて、宿泊客のチェックイン・チェックアウトや清掃スケジュール、収支レポートなど、客室管理が行えるPMSの機能も備えるクラウドサービスです。同サービスを提供するエアホストは創業以来、民泊・宿泊施設のオーナー向けに、運用代行サービスを提供するほか、運用代行会社としてのノウハウを基に「AirHost PMS」を開発し、オーナーの運用負担を軽減するソリューションを提案しています。

 「Vacation STAY」は、戸建型宿泊施設からコンドミニアム型宿泊施設、ホステル、宿坊、別荘まで様々なタイプの施設を取り扱う民泊・宿泊予約サイトです。オーナーが登録した施設は、「Vacation STAY」のほかにも、提携済みの国内外の宿泊予約サイトに順次掲載されます。

 両社は今後も、オーナーの販売経路の拡大と業務効率向上を図るとともに、日本における民泊および宿泊市場全体の発展に寄与してまいります。

 (注)Property Management Systemの略称です。

■「AirHost PMS」とは
サイトコントローラーおよびPMSの機能を併せ持つ、 ホテル・民泊等の宿泊施設向けオールインワン型クラウドサービスです。ホテル・民泊等の宿泊施設のオーナーは、同サービスで提供される「在庫・料金の自動同期」や「部屋割り機能」、「自動メッセージ」、「清掃管理」、「分析・レポート機能」、「自動割引」、「会計機能」、「鍵管理」など、宿泊予約や客室管理、データレポートに関する数多くの機能を利用することで、日々の業務の自動化や効率化を図ることが可能となります。

■合同会社エアホスト所在地:神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-32-2代表者:代表取締役 尾畠 隆志事業内容:ホテル・民泊等の宿泊施設向けPMSサービス、チェックインアプリ、運営代行サービスなど設立年月:2015年10月ウェブサイト:https://cloud.airhost.co/

■楽天LIFULL STAY株式会社所在地:東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル3F代表者:代表取締役 太田 宗克事業内容:民泊に関するプラットフォーム事業など設立年月:2017年3月ウェブサイト:https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/