大阪でAirbnb運用を始めよう

大阪市中央区は、2015年の1年間でAirbnbによる宿泊者が70倍(対前年度)になり、Airbnbによる「2016年、世界で最も訪れたい地域」にも認定されました。現在、中央区だけでなく、大阪全体のAirbnb物件が増えています。日本全体の観光客数の増加、そして大阪だけにスポットを当てた観光客数の増加から分かることは何なのか、そして大阪でAirbnb運用する上での可能性について考えてみましょう。

まずいえる事は、大阪は近年経済発展が益々進むアジア地域との交流が盛んだという事です。アジア地域との交流が盛んになったのと同時に、関西空港を経由するLCCの発着便が大幅に増加したた為アジアからのゲストが多く関西、大阪を訪れます。例えば大阪府の公式サイトの平成26年の統計を見ると、大阪を訪れた海外からのゲストは376万人に達し、その数は過去最高を記録しています。日本を訪れた海外からのゲストの28%の人が大阪を訪れたそうです。そして、その打ち分けですが特に東アジアからの旅行者、中国(27%)、韓国(19%)、台湾(18%)が大阪を訪れていて、平成26年の国際線発着数は観光客の増加からも分かるように4年連続で増加したと言う事です。

これだけの観光客数が増加しているということは、大阪も東京同様、ホテルなどが予約しにくくなっているのが現状です。その足りない宿泊施設を補うため、大阪でも近年Airbnbを含めた民泊ビジネスが盛んになってきています。では、大阪でAirbnb運用を始めようと考えている新しいオーナーの方はどんな事に気をつけて、どのエリアでAirbnb運用をしていけば良いのでしょうか。

大阪府公式サイト http://www.pref.osaka.lg.jp/kanko/kokusai-data/ 

 


 

大阪のAirbnb物件が急激に増えている理由

大阪の観光客の傾向が分かってきたところで、大阪でAirbnbを運用するという事はどういう事なのか考えてみたいと思います。今、なぜ、急激に大阪の人気が高まり、Airbnbを含め民泊の需要が高まっているのかに迫ります。

 

理由1:大阪府内の深刻なホテル不足

観光庁が発表したデータによりますと、大阪府内のホテルの平均稼働率(2015年度)は85.2%で、2年連続全国一の高さとなっています。外国からの宿泊客は2014年度と比べて150%以上増加しており、需要に供給が追いつかない状態となっています。特に、移動の面でも観光の面でも便利な大阪市内のホテル不足は深刻で、Airbnbも、物件によっては予約が取りにくい状況が続いているのです。

 

理由2:関空発着LCCの増加

2016年5月現在、日本でもっとも多くのLCC便が発着する空港は『関西国際空港』です。日本の玄関口とも呼ばれる成田国際空港よりも多くの便が、毎日関空を利用しているのです。LCCは夜間や早朝に発着する便が多いので、大阪に用のない人でも、空港近辺や空港からアクセスの良い場所に宿泊する必要が生じます。その為、関空のある大阪府におけるAirbnbの需要もますます高まってきています。

 

理由3:テーマパークの入場者数増加

image003

大阪市内の『USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)』の入場者数は、年々増えています。ハリーポッターエリアやユニバーサル・ワンダーランドなどの新エリアだけでなく、ワンピースやドラゴンボールといった人気マンガを題材としたアトラクションも次々と作られ、国内外の人々の関心を惹きつけています。また、大阪府内には西日本第2位の入場者を誇る『ひらかたパーク(ひらパー)』もあります。泊まりがけでこれらのテーマパークを訪れる人も少なくなく、テーマパークはホテルやAirbnbのニーズを生み出して大阪でのAirbnb運用のチャンスを生み出しています。

 

理由4:アジア圏に人気

大阪には、中国語や韓国語が使えるお店が集まったエリアがいくつもあります。特にミナミにはアジア圏の飲食店や物販店が多く、故郷に居るような感覚で日本を楽しむことができるのです。また、LCCはアジア発着のものが多いということも、アジアからの大阪人気を高める要因になっています。ここ数年大阪を含め関西空港経由で訪れたアジアからの旅行客が沢山お土産を買って関西空港を去る奏すが度々ニュースでも取り上げられていますね。


 

大阪でAirbnb運用!人気のエリア3選

大阪の人気、観光客数の莫大な増加の理由、そして大阪でのAirbnbの重要性に可能性がが分かった所で、大阪でAirbnb運用をするにあたり人気のエリアは何処なのかを考えてみましょう。

西日本最大の都市、大阪、Airbnbが2016年1月に発表した資料によると、2015年度に人気が急上昇した地域の世界ランキング1位はなんと『大阪市中央区』でした。そんな人気の大阪で、特に人気を集めるエリアはどこなのでしょうか。人気エリア3つとその理由、そして大阪でAirbnbを運用するにあたってエリアによっての相場はいくらぐらいなのかをご紹介致します。

 

大阪で人気のエリア1:心斎橋

image005

御堂筋を中心に国内外のブランドショップやデパートが集まる『心斎橋』は、大阪の中でも随一の人気エリアです。御堂筋から1本脇に入ると個性的なショップが集う『アメリカ村』や飲食店が並ぶ『法善寺横丁』などがあり、現代的な街並から昔ながらの様子を残す街並まで、色々な面を楽しむことができることも支持される理由となっています。

また、心斎橋から南に少し歩くと、道頓堀沿いのネオンや特徴的な看板など、誰もが頭に思い描く大阪らしい光景が見られる『道頓堀』エリアに入ります。韓国や中国などのアジア系のお店も多く、故郷に居るような感覚で旅を味わえると言うことで、アジア系の旅行者からの支持が多いのも特徴です。

このエリアでのAirbnb運用の特徴として言える事は地域柄、個人宅や大規模マンションはほとんどなく、小規模マンションや居住可能な雑居ビルをAirbnb運用に改造している物件が多いという事です。

 

心斎橋、なんば周辺のAirbnb相場

国内外からの観光客に人気が高いのが心斎橋、なんば周辺です。アメリカ村、道頓堀、ネオンライトと大阪を象徴する場所がそろっています。大阪といえば、このエリアと言えるほど眩しいネオンに、様々な食、エンタメ、ショッピングが全てそろう大阪観光の中心地の1つといえるエリアはAirbnbの需要も高い事ながら、物価自体が高いためAirbnbの価格も他のエリアに比べると大分高くなっています。大阪だけで考えると1番高いエリアになりますね。心斎橋、なんば周辺は他の大阪のエリアに比べると閑散期でも1泊2日、大人2名で計算すると1万円前後となり京都市内とあまり変わらなくなります。これから大阪でAirbnb運用に参入しようとお考えの方は以下の相場を参考にして下さい。

ホリデーシーズンなどの繁忙期:1泊2人 平均 11,500~12,000円

閑散期、その他のシーズン:1泊2人 平均 +-10,000円

 

大阪で人気のエリア2:大阪駅周辺、梅田・キタエリア

image007

大阪だけでなく近畿の観光の拠点としても選ばれることが多いのが『梅田』エリアです。大阪空港(伊丹空港)や関西国際空港へリムジンバスで短時間に移動でき、海外や日本各地からもアクセスしやすいことが特徴です。また、JRや大阪市営地下鉄、阪急電車や阪神電車などの私鉄も乗り入れていますので、大阪市内はもちろん、京都や神戸などの大都市にもわずか数十分で行くことができます。

特にここ10年の間に駅北口のエリアの再開発も進み、ショッピングやグルメが充実してきたことも国内外の観光客を惹きつけているポイントです。日々進化を続けるキタエリアは、大阪の古き良き歴史を感じさせながら近代化が進み、新しいスポットも多くあるため国内外の観光客を魅了しています。

特に、梅田スカイビル空中庭園展望台は大阪駅から徒歩10分という好立地に展望台から見える美しい夕日や夜景を楽しもうと多くの人が訪れています。平成26年度には97万人が訪れた梅田ビル、特に、梅田ビルを訪れる海外からの観光客は全体の3割にもあたり、大阪での大人気スポットになっています。海外のゲストからの人気は2008年にイギリスのタイムズ紙が「世界を代表する20の建造物」として世界的な建造物と共に紹介されたことで火がつき、世界的な建造物の仲間入りをしました。日本人の間では人気のデートスポットとして、世界からの観光客からはその建物の美しさに展望台から見えるパノラマビューが多くの人をひきつける魅力になっているようです。そして、梅田ビルだけでなくキタエリアには周辺に高級ホテルが多数あり、Airbnbの宿泊単価も大阪市内の他の地域と比べると高めに設定されています。

 

大阪駅、梅田周辺のAirbnb相場

これから大阪でAirbnb運用をお考えの方、大阪駅、梅田周辺の相場は以下のとおりになっていますので是非参考にしてみて下さい。

ホリデーシーズンなどの繁忙期:1泊2人 平均 +-9,000円

閑散期、その他のシーズン:1泊2人 平均 +-8,000円

 

大阪で人気のエリア3:中之島

image009

美術館や博物館などの芸術に親しむ施設が近くにあることも、Airbnbで人気が出るためには重要なポイントとなっています。『中之島』には国際美術館(現代美術を収集・展示する博物館)や大阪市立科学館(世界最大級のプラネタリウムがある)、陶磁美術館、また、音楽イベントが多数行われるフェスティバルホールがあり、芸術的嗜好が強い方たちからも支持を集めています。

中之島は大阪を東西に流れる堂島川と土佐堀川に挟まれた中洲で、規模は小さいものの市役所や日銀などの公的建築物が集まることもあり、大阪のマンハッタンとも呼ばれています。

中之島と駅名につくのは京阪中之島線中之島駅だけですが、徒歩圏内に京阪本線の北浜駅や淀屋橋駅、市営地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅や梅田駅などもあり、便利に市内外を移動することができます。狭い地域ですので物件数は多くはなく、空きが出るとすぐに埋まるほどの人気ぶりです。まだまだ需要が高いこのエリアはこれから大阪でAirbnb運用をお考えの方には魅力的なエリアだと言えるでしょう。

 

中之島のAirbnb相場

ホリデーシーズンなどの繁忙期:1泊2人 平均 9,000円~9,500円

閑散期、その他のシーズン:1泊2人 平均 +-8,000円


 

その他のエリア

image011

3つの人気エリアの他にも大阪でAirbnb運用をお考えの方には注目すべきエリアが二つあります。

大阪の観光に近年大きな影響を与えているテーマパーク、USJ近郊エリアと、LCCなど増便で発着数の増えた関西空港近辺はAirbnbユーザーからもニーズの高まっているエリアです。もちろん、Airbnbを運用するオーナーの方、そしてこれから大阪でAirbnb運用を始めようと考えている方には大きなチャンスになるエリアなのではないでしょうか。では、そんな2つのエリアの相場は現在どの様な様子なのでしょうか。

 

USJ近郊

大阪の3つの人気エリアに比べるとそれ程中心地から離れるわけではありませんがAirbnbの相場は大分下がります。テーマパーク近郊のホテルに泊まるのもいいですが、Airbnbの価格の方がホテルよりも大分懐に優しいのでこれからこのエリアはAirbnbが増えるのではないでしょうか。Airbnbの価格相場が低いと言う事は大阪でAirbnb運用する上でも家賃が安いと推定されます。これからこのエリアでAirbnb運用をお考えの方でそこまで予算がない方、安く物件を購入、借りたいとお考えの方には良いエリアかもしれません。

ホリデーシーズンなどの繁忙期:1泊2人 +-7,000円

閑散期、その他のシーズン:1泊2人 +-6,500円

 

関西国際空港周辺/泉佐野市、貝塚市

関西空港周辺に当たるのは泉佐野市と貝塚市になります。まだ他の大阪のエリアに比べそれ程Airbnbのリスティングの数は多くはない様に伺えるのでこれから益々LCCが増えるとすればこのエリアのAirbnbのニーズはぐっと高まりますね。これから大阪でArbnb運用をお考えの方には注目のエリアの1つと言えます。

ホリデーシーズンなどの繁忙期:1泊2人 +-8,000円

閑散期、その他のシーズン:1泊2人 7,000~7,500円


 

まとめ:大阪でAirbnbを運用すると言う事は…

大阪市内外にホテル建設が予定されていますが、深刻なホテル不足は当分の間続くと予想されます。そのため、新規に物件を建築する必要のないAirbnbの需要は、ますます高まると言えるでしょう。物件選びや諸手続、クレーム処理などが不安な方、そして海外のゲストと英語のやり取りが不安な方は弊社の様なAirbnb代行業者の手を借りるのも良いでしょう。

AirHostはAirbnb運用代行サービスの一環としてこれから大阪でAirbnb運用を始めようとしている方に物件紹介からゲストとの電話やメールでのコミュニケーションまで幅広くホストの皆さんのお手伝いを致します。すでに大阪でAirbnb運用を始められている方も、これからますます需要が高まると予想される大阪、リスティングを増やしたいとお考えの方は是非AirHostまでご連絡下さい。複数のリスティングを運用するという事は、時間もお金も手間もかかります。AirHostではそんなホストの皆様の手間を省く為、Airbnb清掃代行サービスもご提供いたしておりますので、人気のリスティングを何件もお持ちのホストの方でご自分での清掃や消耗品交換など手間がかかる事もご一緒にサポートさせて頂いています。ご相談は無料ですのでまずはお気軽にAirHostまでご連絡下さい

AirHostの物件紹介はこちら

AirHostの清掃代行サービスはこちら

AirHostの電話対応・メッセージサービスはこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.