fbpx

沖縄でAirbnb運用を始めよう

海外から日本に観光に来るの観光客は従来日本と言えば近代的な東京に歴史情緒の高い京都を訪れる傾向がありますが、Airbnbのユーザーからは近年沖縄にも注目が集まっています。元々日本人にはリゾート地としての揺るぎない地位を確立してきた沖縄、最近ではその美しいビーチリゾートを求め、沖縄は日本人だけでなく海外からの観光客に高い人気を得てきています。当然、観光客の変化に伴いAirbnbを含め民泊事情も変わってきました。

Airbnbは2016年1月ユーザーの利用動向に関しての興味深いデータを公表しています。それによると、「“お気に入り”に保存されている地域ランキング」の堂々の2位に沖縄が選出されているのです(日本からは他に京都が6位にランクインしています)。首都・東京や古都・京都を抑えての日本の地域内で堂々の1位、世界ではカリブ海に面するベリーズシティに次いでの2位なので、沖縄の人気の高さが伺われますね。

今まで日本と言えば、京都の情緒ある風景、それから東京の近未来的な風景が人気でしたが、青い空、青い海、風に揺れるサトウキビ畑の風景など、東京や京都とは違う魅力に溢れた沖縄が現在注目を浴びています。ベリーズシティが1位に選ばれたことから、やはり海が綺麗で暖かいビーチリゾートが世界中でも人気のようです。 沖縄を検索してみると、そのページを開くだけでも青い海がすぐに目に飛び込んできて、沖縄に恋に落ちてしまいそうになります。この美しさに心を奪われ、お気に入り登録をしてしまう理由はよく分かりますね。

そんなAirbnbユーザーから日本の中で最も注目を浴びている沖縄について少し学んでみましょう。これからAirbnb副業に挑戦しようと考えている方の為に、私たちAirHostが沖縄でAirbnb運用をするにあたりどのエリアが人気で、ゲストは何を求めているのか、そして他の都市との違いなどもリストアップしてみたので沖縄でのAirbnb運用について少し学んでいただければと思っています。

image001


 

沖縄でAirbnb運用をすると言うこと

沖縄と観光客数の増加

Airbnbユーザーから絶大な人気を集めている沖縄ですが、Airbnbユーザーだけでなく沖縄は以前から日本人のビーチリゾートとして確立した地位を得ていました。そして近年、日本人だけでなく沖縄に魅了された海外からのゲストも大勢沖縄に押し寄せています。

2015年には沖縄県の入域観光客数が過去最高の776万3千人を記録したそうです。円高、クルーズ線、LCCの増便により、海外からのゲストも150万1200人と初めて100万人を突破しました。この数字は前年の68%増しで、入域観光客数は3年連続更新中です。海外からのゲストに注目してみると、特に、近隣アジアからの観光客が増え、中国本土からが前年の2.6倍、韓国からは1.9倍の観光客が訪れ、台湾、中国、韓国、香港からの観光客が海外からの観光客の8割ををしめています。この急激な観光客数の増加は観光産業が盛んな沖縄では嬉しい悲鳴であるのと同時に、これから沖縄でAirbnb運用を含め民泊産業にのりこもうとしている皆さんにも大きなチャンスとなるでしょう。

沖縄タイムズ ://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/23040

 

Airbnbホストにとって沖縄は激戦区に!?

image002

そんな日本だけでなく海外からの観光客にも人気が高い沖縄、Airbnb沖縄では現在300以上の施設が登録されていますが、沖縄の人気を考えると、この施設数が十分に沖縄滞在を希望したゲストすべてを受け入れることができるかどうかということには疑問が残ります。民泊が盛んになる前も、沖縄の宿泊施設数は十分ではないことが指摘されていました。では、Airbnbホストにとって、沖縄でAirbnb運用をするにあたり沖縄はどのような場所になるのでしょうか。

現に沖縄は国家戦略特区に指定されており、東京都大田区や大阪府のように規制が緩和され、民泊条例が制定されれば、沖縄は民泊ビジネスをしたい人にとってはとても適した場所になることは間違いありません。日本人にとっては沖縄旅行と言うと近年近隣のアジア諸国に行くよりも高いイメージがありますが、空き家や使われていない民家を修復した民泊が増えればユニークで特別な滞在先が増えるだけでなく、Airbnbなど民泊を運用したい考えている人にも東京などに比べると物件なども安く手に入れることができるのでAirbnb副業を始めたいとお考えの方には注目のエリアです。

実は沖縄では民間の不動産会社が空き家を活用したサイトも立ち上げており、Airbnbだけでなく、今後は他社との民泊競争も激しくなると予想されています。


 

沖縄でAirbnb!人気のエリア3選

日本有数のリゾート地、沖縄。美しい自然だけでなく文化的・歴史的遺産も多く、国内外からの観光客を惹きつけている沖縄はAirbnb運用においても現在急成長中の地域の1つです。ここでは、沖縄でAirbnb運用をする上で特に人気のエリア3つをご紹介いたします。そして、その沖縄人気エリア3つの相場はどれくらいなのかも見ていきましょう。沖縄でAirbnb運用をするなら、1泊いくらくらいが相場なのでしょうか。相場は1泊2日、2名、個室の価格の相場を比べています。また、これから沖縄でAirbnb運用を考えている方の為にそれぞれのエリアにおける特徴や現在の供給状況、そして将来性についても考えてみたいと思います。

 

沖縄の人気のエリア1位:沖縄初心者に人気の国際通り付近

image004

旅行で滞在するなら、リゾート地以外では、なるべく交通アクセスが便利でレストランやショップが近くにある中心地エリアが良いですよね。不慣れな土地ならなおさら、人でにぎわうエリアの方が安心できます。沖縄はリゾートメインの地域ですが、首里城やちゅら海水族館などの観光スポットにも恵まれているので、特に初めて沖縄を訪れる方は、沖縄の中でも中心地と呼ばれるエリアに滞在しようと考えることが多いのです。その為、沖縄を訪れる方、そして沖縄でAirbnbをご利用の方の人気のエリアの一つは沖縄市の中心地、国際通り付近です。

沖縄県一の繁華街と言えば、国際通り付近です。シティホテルも多く、お土産物屋さんにも夜遅くまで開いているレストランにも困りません。特に沖縄本島内のバス移動の拠点となる『那覇バスターミナル』のある『旭橋駅』近辺も大人気エリアとなっています。海の近くでのんびり過ごすのもいいですが、日中は海で、歴史的な観光スポットで観光を楽しんだ後、夜の沖縄に出かけたい方にはピッタリのエリアではないでしょうか。

2016年5月19日時点で、沖縄県全体のAirbnb登録件数は1098件で、そのうち国際通り付近(ゆいレール旭橋駅・県庁前駅・美栄橋駅・安里駅から徒歩10分圏内)にあるのは145件です。観光地としての沖縄の人気や国際通り付近の利便性、知名度を考慮すれば、まだまだこのエリアに新規参入できる余地は高いと見るのは妥当ではないでしょうか。沖縄でAirbnb運用を考えていて確実にゲストをおさえたい方には注目していただきたいエリアの一つです。

 

沖縄本島、那覇市中心部・国際通り付近の相場

初めて沖縄を訪れた人は交通の便が良く、観光地に移動しやすい沖縄の中心地、那覇市は国際通りを好んで選ぶでしょう。Airbnbのゲストも同様です。そんな国際通り付近の相場は以下のようになっています。この付近でAirbnb運用をする場合は、沖縄の中心地を外れたところに比べると価格は上がりますが、東京や京都に比べるとホリデーシーズンでも平均で10,000万円未満というのは魅力的です。

ホリデーシーズンなどの繁忙期:1泊2人 平均 8,500~9,000円

閑散期、その他のシーズン:1泊2人 平均 +-8,000円

 

沖縄の人気のエリア 2位:沖縄好きリピーターの多い石垣島

image006

竹富島や西表島などの離島への入口、石垣島。離島に出掛ける方にとって便利なエリアというだけでなく、石垣島内にも観光スポットがたくさんあるので、宿泊を希望する方が多い魅力あふれるエリアと言えます。特に、沖縄リピーターの方々は、沖縄本島以外の宿泊地として石垣島を選ばれる事が多いようです。

離島観光の拠点として、また、多数の景勝地を有する地域として人気を集める石垣島ですが、ダイビングスポットとしての知名度もワールドレベルです。透明度の高い青い海を求めて、訪れるダイバーたちは後を絶ちません。

そして、人気が高い割にはホテルなどの宿泊施設が少ないことも石垣島の特徴です。Airbnbは2016年5月19日時点では63件しかなく、新規に副業として沖縄でAirbnb運用を始めようと考えている方にもオススメのエリアです。石垣島はリピーターが多いエリアなのでしっかり石垣島を愛するゲストの心をゲットすれば沖縄でAirbnb副業を成功に導く鍵になりそうですね。

 

石垣島の相場

石垣島でAirbnb運用をするという場合、沖縄中心地、那覇市の国際通りと比べるとホリデーシーズンの相場はそれ程変わらないようですが、閑散期は平均が1,000円程低くなります。まだまだAirbnbのリスティングが少ない石垣島はこれから沖縄でAirbnb運用を開始しホストになろうと考えている人には大きなチャンスがあるエリアだと言えます。

ホリデーシーズンなどの繁忙期:1泊2人 平均 +-8,500円

閑散期、その他のシーズン:1泊2人 平均 +-7,000円

 

人気のエリア in Okinawa3位:長期滞在客が多い宮古島

image008

宮古島は島内に空港がある為、沖縄の島々の中でもアクセスが抜群、サンゴ礁に囲まれた美しい光景が見られるだけでなく、ダイビングやイルカウォッチングなどのアクティビティの多さも抜群です。

そして、宮古島は長期滞在する観光客も多く、食堂などを経営しながら空き部屋をAirbnb運用に利用している方も少なくありません。また、一棟貸しが多いことも宮古島でのAirbnb運用の特徴です。これから沖縄は宮古島でAirbnb運用を考えている方は長期滞在する方が過ごしやすいスペースつくり、例えば洗濯がしやすい、スーパーなどのお店に近い物件などを探すとゲストに好まれそうですね。

2016年5月19日時点、宮古島内には34件のAirbnb物件がありますが、夏のバカンスシーズンや春の宮古島トライアスロンが行われる時期には例年宿泊施設不足が深刻になります。ダイビングやイルカウォッチングなどのマリーンスポーツだけでなく、1月に開催される宮古島100kmワイドーマラソンに始まり、4月に開催される全日本トライアスロン宮古島大会、そして、6月のツール度宮古島とアウトドア好きにはたまらない沖縄の離党です。これら豊富なイベントにより民泊需要も高く、宮古島は沖縄でAirbnb運用をする上で将来性がとても高いと言えるでしょう。

 

宮古島の相場

長期滞在するゲストが多い宮古島は、那覇市や石垣島と比べると相場も低くなり長期滞在しやすい価格になっていると言えます。特にイベントの多い宮古島はイベント時やホリデーシーズンにホテルを予約しにくくなる問題が生じているので、これから沖縄でAirbnb運用を始めようとしている人にはお勧めのエリアです。相場が低いと言う事は、土地や家賃も他に比べると低いと考えられるので複数リスティングを所有したり、個性を生かしたリスティングを作ることでゲストからの人気も得られるのではないでしょうか。

ホリデーシーズンなどの繁忙期:1泊2人 平均 +-7,500円

閑散期、その他のシーズン:1泊2人 平均 +-6,000円


 

まとめ:沖縄でAirbnbを運用すると言う事は…

Airbnb運用をする上で、今後は今以上にリスティング内容の充実、お部屋の外観、内装、設備の充実、ホスト側のサービスの向上などがますます重要となってきます。また、ホスト側のゲスト受け入れの経験値の高さは非常に高いアドバンテージとなります。例えば、多くのゲストはお部屋を選ぶ時レビューを読んでいます。信頼は最も重要なサービスです。また豊富な経験はよりよいサービスの提供にもつながります。

現在の沖縄でのAirbnbへの登録数は300強しかありません。ライバルが少ない今だからこそ、すでに登録している方は、リスティング、お部屋内の見直しを繰り返し、ゲストに好まれるお部屋づくりを心がけ、評価を上げ、これから沖縄でAirbnb運用を開始する新規参入のホストとは差をつけましょう。また、参入を迷っている方は、規制緩和でさらにライバルが増える前の今が民泊ビジネスを始める機会であると考えられますので是非この機会に沖縄でAirbnb運用を始めましょう。

他のホストと差をつけてより魅力的なリスティングにしたいけれどもどうして良いのか分からない、そんな方は是非AirHostにご連絡下さい。AirHostはAirbnbの運用代行サービスの一環として24時間メール対応を提供しています。より早く、丁寧にゲストとコミュニケーションを取ることはより多くのゲスト獲得にもつながります。英語が苦手でゲストとコミュニケーションするのが難しいと考えている方にもネイティブのスタッフが対応するのでお勧めです。副業としてAirbnbを運用している人で何件もリスティングを所有していて清掃などが面倒だと感じていたら是非AirHostの清掃代行サービスをご利用下さい。まずはお気軽にAirHostまでご連絡下さい。AirHostは沖縄でAirbnb運用をするホストの方全てのホストの強い見方になるはずです。

 

最後に…

沖縄の民泊の状況を見ると、やはり民泊は今とても熱いビジネスモデルだということが分かります。規制緩和によりライバルが新規参入してくる前に、しっかりとノウハウを身につけて沖縄でAirbnb運用を効率よくスタートしたいものです。最近では弊社の様にノウハウを提供するAirbnb運用代行サービスもありますので、一人で悩まず気になった事はお気軽にAirHostにご連絡下さい。Airbnb運用に関しセミナーなども頻繁に開催されているようですので、一度足を運んでみましょう。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

airhost.co © 2015. All rights reserved
エアホスト 特定商品取引法に基づく表記