Airbnbで民泊ビジネスを始めよう

【始めるなら今しかない!?Airbnbで、民泊ビジネスを始めよう!】

【民宿ビジネスとは・・・?】

image003

最近、何かと耳にする民宿ビジネス。民泊とも呼ばれていますが、そもそも、どのようなサービスなのでしょうか。

民泊は、部屋の持ち主が、家具や家電をそのままにして、部屋ごと貸し出すサービスです。現在、この民泊サービスが、世界中で急激に広がっています。その中でも、最も利用されている代表的なサービスがAirbnbです。

Airbnbは、「暮らすように旅をしよう」をコンセプトに、世界中で海外からの旅行者を泊めたい家主(=ホスト)と宿泊先を探す旅行者(=ゲスト)を繋げるサービスを提供しています。無料でできる会員登録をすることで、ホストにもゲストにもなることができます。

日本でも、2020年の東京オリンピックが開催されることもあり、Airbnbは現在とても注目されているサービスで、今後も利用者が増えることが見込まれています。利用者が増え続ける民泊だからこそ、、あなたもAirbnbを始めてみませんか?

では、Airbnbを始めるには、どのような事を知っておく必要があるのでしょうか?サービスを利用する前に、Airbnbでよく使われている基本的な用語を学んでみましょう。まずは、基本的な事から理解して、民泊を始める準備を整えましょう!


【Airbnbでよく使われる用語】

image005

・ホスト

ホストとは、旅行者に対して宿泊先を貸す家主のことです。ホストは、余っている不動産物件や空き部屋の有効活用をして、旅行者をもてなしたいと思っている「貸し手側」で、ゲストを迎え入れます。近年では空いた一部屋を貸し出して海外のゲストと異文化交流をしたいという本来のAirbnbの形にとどまらず、投資目的や副業としてホストになられる方も増えています。

・ゲスト

ゲストとは、ホストが提供している宿泊先に泊まる人のことです。サービスを利用していれば、海外・国内を問わず宿泊することができます。「借り手側」のことをゲストと呼びます。アメリカで2人の青年がマットレスを置いて始まったAirbnb, ゲストは簡単なマットレスで寝床を得るスタイルから、一部屋を借りる、一軒家を借りるなどなど現在では様々なゲストのニーズに合わせて国内外宿泊する事ができます。

・リスティング

ホストが公開する宿泊先の物件情報のことを、リスティングと呼びます。Airbnbで掲載されている宿泊先は、全て統一されたフォーマット物件情報が管理されており、ホストはこれに従って、自分が貸し出す部屋の情報を入力します。

また、ゲストが宿泊先を選ぶ際に見ることになるのが、このリスティングです。ホストが公開している宿泊先のリスティングを見ながら、滞在先を選ぶことになります。このリスティングを見るにあたりリピーター以外、新しいゲストが一番注目しているのが写真です。やはりどの様なお部屋なのか一番簡単に把握できるのが写真。特にリスティングの最初の5枚の写真は重要で、1つのリスティングにつき20ほどの写真を掲載する事がおススメです。AirHostでは運用代行サービスのオプションとしてプロのカメラマンにお部屋の写真を撮って頂くサービスも提供させて頂いています。お部屋をいかに清潔感があり綺麗に、魅力的に見せるかがゲストがホストの物件を選ぶ大きなポイントになります。

 

もちろん、写真以外にもリスティングの立地条件はとても大切で、多くの方は1か所に数日から1週間ほどの短期滞在をする為、駅から近い物件、ランドマークから近い物件が人気を集めます。そして、コンビニやスーパーなどが近い事がより魅力的な物件と言えるでしょう。どんな物が近くにあるか、観光スポットがあるのか、駅から歩いて何分なのかなどゲストの方に簡単にリスティングやお部屋の様子をまとめたお部屋パンフレット・ハウスガイドをAirHostは運用代行のサービスの一環として提供しますのでより魅力的なリスティングをホストの方と作るお手伝いを致しますよ。

ホストにとっても、ゲストにとっても、Airbnbを利用する上で最も大切なことの1つが、このリスティングと言えるでしょう。

・レビュー

宿での滞在が終わるとホストとゲストは、お互いに相手の評価をすることになります。他のWebサービスでも、同様にレビュー機能があると思いますが、ほぼ同じ機能と言えます。

ホストとゲストは、滞在前のやり取りや、滞在中の宿泊先への評価をすることになりますが、他のサービスのレビュー機能と大きく違うところが1つあります。それは、お互いにレビューを記載するまで、相手の評価が分からないことです。自分に対する評価が悪かったから、相手の評価を悪くすることや、またその逆もできなくなり、純粋にゲスト・ホストの評価が公開されます。このレビュー機能により、次に宿を提供するホストや滞在するゲストがどのような人物か、より明確に分かるようになります。この透明性も、利用者が増える一因と言えるでしょう。

・代行会社

Airbnbが普及するのに伴い、増加しているのが、ホストの代行会社です。現在は、日本でも数十社がこの代行業務を行っております。会社によって、大広範囲は変わるようですが、リスティングの代行、ゲストからのメール対応、宿の清掃業務などを運用代行・清掃代行している会社が多いようです。

た、Airbnbを利用していないけれどもホストになりたい人向けに物件探しを行うことや、宿を魅力的にするためにプロのインテリアコーディネーターにインテリアをコーディネートしてもらったり、プロのカメラマンにお部屋の写真を魅力的に撮影するサービスをを提供している代行会社もあるようです。

 

AirHostでは、物件の紹介、インテリアコーディネート、写真撮影、問い合わせ対応、SEO対策など、ホスト様をサポートするAirbnb運営代行サービスそして清掃代行サービス提供しています。(基本運用代行サービスに含まれているサービスとオプションとしてサービスに含まれている物もございますので先ずはお気軽にAirHostまでご連絡下さい


【まとめ】

image007

Airbnbで使われている用語は、難しい言葉は少なく、上記の5つを理解していれば、すぐにでも始められるでしょう!世界中の人々の家に泊まりに行き、自分の家に滞在してもらいませんか?今すぐ、Airbnbを活用してみましょう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.