fbpx

不動産投資・民泊ビジネスとその仕組み

近年日本ではAibnbや民泊は、不動産投資や民泊ビジネスとしての意味合いを強めています。

今回は不動産投資と民泊ビジネスの仕組みをご説明します。 

■新たな不動産投資として注目を浴びるAirbnb

元々は既存の空き家や空室を貸し出すことで利益を得ることから始まったAirbnb。外国では元々家やアパートを他人とシェアする文化があり、貸し出す部屋を常に確保している人が多くいました。以前であれば長期滞在者とアパートの部屋をシェアしていた人たちの多くも、最近ではAirbnbで部屋を貸し出すようになりました。1年、2年、もしくは半年ほどの長期滞在者に部屋を貸すよりも短期で部屋を貸す方が割高だからです。

 

 では、元々アパートをシェアする文化のない日本ではどうでしょうか。Airbnb日本でも外国人との交流目的や地域活性化、地域創生の意味合いでAirbnbの活用も多く見られますが、どちらかと言うと投資目的としてAirbnbを運用する方が多いようです。この場合、多くのケースは新たに部屋を借りてから運用を始めます。

 

次はなぜ民泊ビジネスが投資目的として人気なのか、その仕組みについてご説明します。 

■民泊ビジネスが不動産投資として人気の仕組みとは

7027595009_99e38dcc0d_o

民泊ビジネスが新たな不動産投資ビジネスモデルとして注目されているのには主に3つの理由があります。 

1.初期投資額を抑えることができる

2.短い期間で投資額を回収できる

3.ゲストからの支払いは前払い 

従来の不動産投資は、富裕層向けの投資というイメージがあり、初期投資に大きな費用がかかってしまうことが一般の人が副業として行うにはネックとなっていました。しかしながら、Airbnbでの不動産投資は初期投資が従来の不動産投資としては安く、一般の人も比較的簡単に民泊ビジネスに手を出せるようなりました。

 また、その初期投資額を短い期間で回収できる利回りの良さも民泊ビジネスのメリットです。もちろん、早期的に回収できるように集客率の良い物件選び、好印象を与える部屋づくり、そして好サービスの提供など、ホスト側の試行錯誤の結果にもよりますので一概には言えませんが、民泊ビジネスが軌道に乗った場合は、他の不動産投資と比べても利回りの良い投資となりうるでしょう。最近ではノウハウを提供するサービスもビジネスとなっており、以前よりも簡単に知識を得られることも初心者にとっては心強いですよね。AirHostはこれらのノウハウを提供するサービスの一つでホストの皆様をサポートしより良い運用ができるように手掛ける運用代行・清掃代行サービスです。

 

 3番目は、Airbnbを使った場合、ゲストからの支払いが前払いなことです。この前払い制であることで、ゲストが実際に宿泊した、していないにかかわらず、ホスト側は部屋代を受け取れる仕組みになっています。お部屋の予約をしているのにゲストが来ず、料金をもらえなかった、などのリスクを防ぐことができています。 

■まとめ

以上のように、Airbnbに代表される民泊は不動産投資として非常に魅力的なビジネスモデルと言えるようです。東京オリンピックまで日本は訪日外国人が増え続けることが予想されています。また、民泊の規制緩和も徐々に行われる見通しで、まだまだ民泊は売り手市場と言えそうです。

 

AirHostではこれからAirbnb・民泊を始める皆様、そして副業としてすでにAirbnbをされている方をサポートする運用代行・清掃代行サービスです。私もAirbnbを始めたいけどどこから始めて良いのか分からない… そんな方は是非AirHostまでお気軽にご連絡下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

airhost.co © 2015. All rights reserved
エアホスト 特定商品取引法に基づく表記