何で民泊って(Airbnb)話題なの?

日本を訪れる外国人が急増するなか、日本でも現在急速に民泊(Airbnb)が広がっています。

民泊(Airbnb)は、日本人向けというよりも、海外旅行として日本へやってくる外国人向けのサービスという印象が強いサービスです。

2020年の東京五輪や円高等が追い打ちをかけ、日本へ観光にやってくる外国人は右肩上がりで増加してます。そのため外国人観光客が宿泊するホテルや旅館が不足しているという現象が日本各地で起こっています。そんな状況が追い風になり、このAirbnbという民泊サイトが日本でも爆発的に普及してます。

特に有名なサービスがAirbnbで、2015年9月現在では日本国内で登録されている物件数が2万件を超え、そのうちの約70%が賃貸アパートやマンションで、一軒家が約30%となっています。

Airbnbを利用すると、簡単に宿泊物件を探すことが出来でき、東京や大阪などの大都市部だけではなく、東北地方や九州地方などの地方部でも多くの物件を探すことが可能です。ホテルよりも安い為、宿泊費を大幅に抑えることも可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.